福すしの紹介

    • 江戸前のにぎり・関西寿司・京料理を基本とした
      紀州和歌山の食材を活かしたお料理を、
      気取らずに気楽に食べて頂きたい。
      それが福すしです。

    • 福すしは、初代:善利信市と二代目:善利訓規の二人がつけ場に立つ本格的なお寿司・お料理をお出しするアットホームな気取らない「町のお寿司屋さん」です。
      初代は大阪にある縁戚の寿司屋で江戸前にぎり・関西寿司・料理を修行し、幾つかの店を経た後の1979年7月29日に、この和歌山県上富田町に福すしの暖簾を掲げました。「本格的なお寿司を食べてもらいたい」この想いから始めたお店はもう40年になろうとしています。
      そして息子である二代目:善利訓規は、関西料理界の重鎮であり大阪高槻市「日本料理 花万」料理長であった故:武内治氏の最後の弟子として京料理を学びました。その後は枚方市や大阪北新地の割烹店で日本料理の研鑽を積み、2005年より福すしで初代の父より寿司を学び今に到っております。
      昔も今も、これからも。その日仕入れた新鮮な魚と地元を中心とした素材をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

      店主敬具